メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道ローカルグルメ

札幌・皆招楼の「中華まんじゅう」 酒に合う、ススキノ土産 /北海道

一番人気のブレンド醤油味(手前2個)と復刻カレーまん(奥2個)。中にはあんがぎっしりと詰まっている=札幌市中央区で

 道内最大の歓楽街、札幌・ススキノにあるビルの一角で、勢いよく湯気が上がる店がある。点心専門店「皆招楼」(札幌市中央区南6西3)で、中華まんじゅうを買い求める酔客たちが列をなしていた。観光客のほかリピーターも多く、ホステスへのお土産にする客もいるという。

 ススキノを中心に不動産賃貸業を営む「エヌビル・グループ」の中村正行会長が、1991年に創業した。当時のススキノのお土産といえばケーキかスシだったといい、「新しいお土産の定番を作ろう」と中華まんを思いついた。横浜や大阪など、中村会長自ら全国の中華まんを食べ歩き、理想の味を研究。中華料理店から招いた当時の工場長とともに商品を開発した。

 現在は中華まん7種類、シューマイなどの点心4種類を販売する。飲食店が多い土地柄を考え、どの商品も酒…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文757文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです