メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦跡を訪ねて2019

/3 筑波海軍航空隊司令部庁舎 茨城県笠間市 「特攻の地」で学ぶ /群馬

旧・筑波海軍航空隊の司令部庁舎。2階のバルコニーの場所は司令室だった=茨城県笠間市で

 外観は鉄筋コンクリート2階建て。内部は石造りの手すりや階段が重々しい雰囲気を漂わせる。茨城県笠間市に残る旧・筑波海軍航空隊の司令部庁舎。屋外には、歩行訓練で上官が鼓舞した「号令台」や、殉職飛行兵の供養塔が立っている。

 航空隊は1934(昭和9)年、霞ケ浦海軍航空隊友部分遣隊として開設され、38年に独立した。1500人以上の若者が操縦訓練を受け、太平洋戦争末期には、多くの特攻兵を送り出した。

 旧司令部庁舎は、戦艦大和の建造をめぐる謀略を描いた今夏公開の「アルキメデスの大戦」や特攻隊を扱った…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1058文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  5. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです