メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

だいあろ~ぐ

東京彩人記 新宿2丁目、寛容な街 ゲイバー経営の作家・伏見憲明さん(56) /東京

伏見憲明さん

 400もの飲食店などが集まり、世界最大のゲイタウンと呼ばれる新宿2丁目。ゲイであることを公表している作家の伏見憲明さん(56)は、ここでバーを経営しながら、ゲイタウンが形成された起源を解明し、「新宿二丁目」(新潮新書)を刊行した。最近は女性や外国人観光客も訪れ、東京の人気スポットになっている。この街の今昔、そして幅広い魅力を尋ねた。【日野行介】

 --新宿2丁目に通い始めたのはいつごろでしょう。

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1477文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  3. 原発事故、安倍政権扱った作品問題視か ウィーンの芸術展、日本大使館が公認取り消し

  4. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです