シンポジウム

自殺予防へ 子のサイン、大人が気付いて 子ども亡くした親ら登壇、体験語る 川崎 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
シンポジウムでは次男を自殺で亡くした篠原真紀さんらが意見を交わした=神奈川県川崎市幸区で
シンポジウムでは次男を自殺で亡くした篠原真紀さんらが意見を交わした=神奈川県川崎市幸区で

 子どもの自殺を予防するためのシンポジウム「夏休み明けの子どもの異変に備える」がミューザ川崎(川崎市幸区)で開かれた。会場には約80人が集まり、子どもの命を守るためにどうすれば良いか、議論が交わされた。【木下翔太郎】

 子どもを自殺で亡くした遺族らが設立した一般社団法人「ここから未来」(事務局・東京都中野区)が主催。シンポジウムでは、法人理事の武田さち子さんらが基調報告を行った。武田さんは「いじめ防止対策推進法ができてからいじめ、不登校、子どもの自殺はなくなるどころか増えている。法律がうまく機能していないだけでなく、子どもの置かれている状況がより深刻化しているのではないか」と指摘した。

 また、武田さんは同推進法以降にいじめなどで子どもが自殺・自殺未遂をし、第三者委員会が設置された98件を分析。その結果、11月が13件と一番多かったと報告した。「8、9月だけに注目して対策をとっても子どもの自殺は防げない」と話した。子どもの自殺の可能性のある要注意サインとして、原因不明の体調不良が続く▽フードをかぶって外出するなど他人の視線を気にする--などを挙げ、「大人が子どものサインに気が付く…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文1082文字)

あわせて読みたい

注目の特集