メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にいがた記者日記

山に登る覚悟=露木陽介 /新潟

 「三笠山に登る第一歩。富士山に登る第一歩。同じ第一歩でもおのずと覚悟が違う」。大正から昭和に活動した社会教育家、後藤静香(せいこう)の詩の一部だ。三笠山は奈良県にある標高300メートルほどの小さな山、富士山は言わずと知れた高さ日本一の山だ。

 この詩は、高校野球の強豪校である横浜高校(神奈川県)が部訓にしたことで知られる。日本一へ駆け上がる覚悟のある人だけが「全国制覇」…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです