メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんな元気になる絵本

風をつかまえたウィリアム /富山

「風をつかまえたウィリアム」ウイリアム・カワクワンバ、ブライアン・ミーラー文、エリザベス・ズーノン絵、さくまゆみこ訳、さ・え・ら書房、1512円

ほんとうのおはなし プー横丁「プーの店」店長・杉原由美子さん

 これは、ほんとうにあったお話です。

 ウィリアムは1987年、アフリカ南東部の小さな内陸国マラウイに生まれました。マラウイは、幸か不幸か鉱物資源に乏しく、貧しくて電気や水道などのインフラが未発達です。

 ウィリアムが中学生になったころ、村は干ばつに見舞われて、学校どころか、その日の食べものにも困るありさまとなってしまいました。好奇心旺盛でもの作りが得意なウィリアムは、図書館へ行き、そこでエネルギーの本に出合います。英語の本でした。

 ウィリアムは、辞書をひきひき、風力発電装置の仕組みを理解していきます。電気の力で夜も灯(あか)りをともすことができる、地下から水を汲(く)み上げて、畑に水をまくこともできる、ウィリアムは発電の実現に向けて行動を開始します。

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. ホンダ11年ぶり3回目の優勝 NTT東日本降す 都市対抗

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです