メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんな元気になる絵本

風をつかまえたウィリアム /富山

「風をつかまえたウィリアム」ウイリアム・カワクワンバ、ブライアン・ミーラー文、エリザベス・ズーノン絵、さくまゆみこ訳、さ・え・ら書房、1512円

ほんとうのおはなし プー横丁「プーの店」店長・杉原由美子さん

 これは、ほんとうにあったお話です。

 ウィリアムは1987年、アフリカ南東部の小さな内陸国マラウイに生まれました。マラウイは、幸か不幸か鉱物資源に乏しく、貧しくて電気や水道などのインフラが未発達です。

 ウィリアムが中学生になったころ、村は干ばつに見舞われて、学校どころか、その日の食べものにも困るありさまとなってしまいました。好奇心旺盛でもの作りが得意なウィリアムは、図書館へ行き、そこでエネルギーの本に出合います。英語の本でした。

 ウィリアムは、辞書をひきひき、風力発電装置の仕組みを理解していきます。電気の力で夜も灯(あか)りを…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです