メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍経ケ岬通信所の軍人交通事故

京丹後市議会に陳情書 宇川有志の会「背信、看過できぬ」 /京都

 米軍経ヶ岬通信所(京丹後市丹後町)の周辺住民でつくる「米軍基地建設を憂う宇川有志の会」は20日、米軍の事故報告問題などにみられるように住民の「安全・安心の確保」がほごにされる事態に直面しており、住民の立場に立つべき市当局の数々の背信的な対応は看過できないとする陳情書を市議会に出した。

 陳情書によると、米軍・防衛省は米軍人・軍属に事故報告について一方的に約束をほごにした。米軍の事故多発を受け、加害、被害を問わず事故内容を速やかに府と市に報告するという約束を破ったもので、6月の「安全安心対策連絡会」(安安連)から「事故報告は件数のみ」を実行した。

 3カ月に1回の「安安連」で件数のみを報告することは「十分な情報提供」とはいえないことは明白で、住民…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです