特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第101回全国高校野球

準決勝 履正社、あと1勝 あす星稜と決戦 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【履正社-明石商】一回表履正社2死一塁、野上が中前打を放つ=阪神甲子園球場で、森園道子撮影
【履正社-明石商】一回表履正社2死一塁、野上が中前打を放つ=阪神甲子園球場で、森園道子撮影

 第101回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)に出場している履正社は20日、準決勝で隣県・兵庫の明石商と対戦し、快勝した。好調な打線が初回に4点を挙げ、その後も好機を逃さず加点。先発した岩崎峻典投手(2年)が相手打線を1失点に抑えて完投した。「深紅の優勝旗」まであと1勝。22日14時からの決勝は、今春のセンバツで涙をのんだ星稜(石川)が相手だ。【隈元悠太、柴山雄太、下河辺果歩】

 この日も先頭打者、桃谷惟吹選手(3年)の一振りが強打の履正社に火をつけた。OBでプロ野球・ヤクルトの山田哲人選手のテーマ曲を吹奏楽部が演奏する中、三塁打を放った。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文972文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る