メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ろうそくまつり

10万本、墓石群を照らす 高野山 /和歌山

 霊場高野山(高野町)の奥の院で13日、お盆の風物詩「ろうそくまつり」が開かれ、大勢の参拝者らが手向けた約10万本のろうそくの火で、約2キロ続く石畳の参道が埋め尽くされた。

 午後7時から奥の院の入り口や参道各所でろうそくが配布され、参拝者は次々と火をともして参道両側に立て、先祖の霊に手を合わせた。

 光の帯となったろうそくの明かりは、そび…

この記事は有料記事です。

残り46文字(全文215文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  3. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  4. トウモロコシに埋まり男性死亡 牧場サイロ内で作業中に誤って落下か 北海道

  5. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです