メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小倉昭和館

創業80年 記念の無料上映会、250人来場 経営危機乗り越え「皆様のおかげ」 /福岡

上映後、観客から祝福され目を細める樋口さん(右)。約20年間赤字が続いたが企画上映などが効を奏して昨年度は黒字を計上したという

 北九州市に唯一残る単館系映画館「小倉昭和館」(小倉北区魚町4)が20日、創業80年を迎え、記念の無料上映会を開いた。約250人が来場、第91回アカデミー賞作品賞を受賞した「グリーンブック」を楽しんだ。

 同館は1939(昭和14)年8月、興行師の樋口勇氏が映画館兼芝居小屋として開設。映画全盛期には東映時代劇の上映館としてにぎわった。現在は封切館に次ぐ「二番館」として新作を数カ月遅れで上映するほか、複数スクリーンをもつ複合型映画館(シネコン)が扱わないア…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです