メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ONE・TEAM

ラグビーW杯 開幕まで1カ月/1(その1) 多様なルーツ強みに 日本代表・リーチ主将

「パシフィック・ネーションズカップ」の米国戦前、チームメートと君が代を歌うリーチ・マイケル(右端)=フィジー・スバで2019年8月10日、藤井達也撮影

 潮の香りが漂う夕暮れのスタジアムは、蒸し暑さを感じさせた。南太平洋の島国、フィジーの首都スバで10日に開かれたラグビーの国際大会「パシフィック・ネーションズカップ」の米国戦。日本代表主将のリーチ・マイケル(30)=東芝=は試合前に君が代が流れる中、さまざまな国で生まれた選手たちと肩を組み、眼光に鋭さを宿した。ラグビーは代表資格に国籍を条件とせず、日本の先発メンバー15人のうち8人は海外出身が占めた。リーチは多様性のある日本の象徴だ。

 スタンドでニュージーランド(NZ)出身の父コリンさん(62)、フィジー出身の母イバさん(59)や親…

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1162文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

  2. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. 出動現場で高級腕時計盗む 容疑の巡査部長逮捕 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです