メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終わらない氷河期

今を生き抜く/4 増えぬ給料、職転々 名ばかり正社員の46歳 @東京

雑踏の中に立つ駿河さん(仮名、中央)=東京都新宿区で2019年7月22日、梅村直承撮影

 「何度も会社を移り、ほとんど正社員で過ごしてきた。でも、その実感があまりないんです……」。待ち合わせた東京都内のファミリーレストランで、駿河恭一さん(46)=仮名=はそう語り出した。すらりとし、ジャケット姿がよく似合う。しぐさや言葉づかいから、きちょうめんな性格が伝わる。

午前4時まで残業

 約2年半前から、社員数十人の人材派遣会社に勤務し、主に営業を担当する。「人手が必要なところへ適正な人材をマッチングできた時はやりがいを感じます」

 月収は基本給と手当を合わせて二十数万円。残業もさほど多くはない。都心の職場まで約1時間半の郊外に暮…

この記事は有料記事です。

残り1655文字(全文1923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです