メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

街の本屋さん減った? ここ20年で半分近く ネット普及などで打撃=回答・山口敦雄

参加費100円の英会話教室を開いている「函館 蔦屋書店」=北海道函館市で2019年7月19日、山口敦雄撮影

 なるほドリ 最近、街の本屋さんが減ったような気がするよ。気のせいかな?

 記者 はい。確かに減っています。書店調査会社のアルメディアによると、全国の書店数は1万1446店(今年5月1日時点)。これは19年前の2万1654店(2000年5月)に比べて、半分近くになりました。地方自治体のなかには、地域に一店舗も書店がない「無書店地域(むしょてんちいき)」が増えています。

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです