メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

街の本屋さん減った? ここ20年で半分近く ネット普及などで打撃=回答・山口敦雄

参加費100円の英会話教室を開いている「函館 蔦屋書店」=北海道函館市で2019年7月19日、山口敦雄撮影

 なるほドリ 最近、街の本屋さんが減ったような気がするよ。気のせいかな?

 記者 はい。確かに減っています。書店調査会社のアルメディアによると、全国の書店数は1万1446店(今年5月1日時点)。これは19年前の2万1654店(2000年5月)に比べて、半分近くになりました。地方自治体のなかには、地域に一店舗も書店がない「無書店地域(むしょてんちいき)」が増えています。

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです