メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

日米同盟を考える

海上自衛隊の護衛艦「かが」の格納庫で、海上自衛官と在日米軍人を前に訓示するトランプ米大統領。左はメラニア夫人、右は安倍晋三首相夫妻=神奈川県横須賀市の海自横須賀基地で5月28日(代表撮影)

 トランプ米大統領が、日米同盟の根幹をなす日米安全保障条約について「日本が米国を防衛する義務がないから不公平だ」と発言した。安倍晋三首相は「日米同盟はかつてないほど強固になった」と強調するが、果たして本当にそうなのか。トランプ氏の不満から読み取るべき教訓を考えてみた。

独自の戦略を持たねば 柳沢協二・元内閣官房副長官補

 中東ホルムズ海峡などの航行の安全確保に向けた米国主導の有志連合構想(海洋安全保障イニシアチブ)への参加問題が日本を悩ませている。日米同盟を維持するには何もしないわけにはいかない。しかし、海上警備行動では、国に準ずる主体である革命防衛隊に強制措置は取れない。自衛権を発動すれば対抗できるが、イランに宣戦布告するに等しい。ペルシャ湾以外で行動しても実効性が疑わしい。こういう小手先の同盟維持は限界にきているのではないか。ペルシャ湾の緊張は、米国が一方的に核合意から離脱し、それまで合意を守ってきたイランに圧力をかけたことで始まった。有志連合の軍事力で解決する問題ではない。

 トランプ米大統領は、日米安保体制は片務的で見直すべきだと不満を述べた。日本の武器購入を評価しつつも…

この記事は有料記事です。

残り3419文字(全文3913文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです