メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リクナビ

内定辞退率予測 学生用サイト開設へ 提供有無確認 運営会社も利用

 就職情報サイト「リクナビ」に登録した就職活動中の学生の内定辞退率を予測したデータが企業に販売されていた問題で、サイトを運営するリクルートキャリア(東京)は20日、学生が自分のデータを提供されていたかどうかを調べる専用のインターネットサイトを開設すると明らかにした。学生らの不安に対応するための措置。

 一方、昨春以降に販売した38社のうち、同社自身と親会社のリクルートホールディングス(HD)もデータを活用していたことが明らかになった。太陽生命保険や外食大手コロワイドも購入を明らかにした。いずれも「採用の合否判定には使用していない」としており、分析結果などの個人情報は既に削除した…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文728文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです