メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンビニ売上高

6年半ぶり減 梅雨明け遅く飲料不振 7月・全店

 日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した7月の主要コンビニ7社の既存店売上高は前年同月比2・5%減の9170億円となり、2カ月連続で前年を下回った。梅雨明けが遅く気温が低かった影響で、冷たい飲料やアイスクリームなどの販売が不振だった。新規出店も含む全店売上高も0・6%減となり、6年5カ月ぶりのマイナスだった。

 天候不順で行楽需要も伸び悩み、既存店の来店客数は4・7%減と落ち込んだ。雨天を避けたまとめ買いもあ…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文417文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  3. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 連休なのに…千葉の観光地悲鳴「アクセス復旧を」 シーワールドは早々に再開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです