メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンビニ売上高

6年半ぶり減 梅雨明け遅く飲料不振 7月・全店

 日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した7月の主要コンビニ7社の既存店売上高は前年同月比2・5%減の9170億円となり、2カ月連続で前年を下回った。梅雨明けが遅く気温が低かった影響で、冷たい飲料やアイスクリームなどの販売が不振だった。新規出店も含む全店売上高も0・6%減となり、6年5カ月ぶりのマイナスだった。

 天候不順で行楽需要も伸び悩み、既存店の来店客数は4・7%減と落ち込んだ。雨天を避けたまとめ買いもあったため、1人が1回で使う平均額は2・3%増だったが、全体では前年割れだった。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです