メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LINE証券

LINEで株買えます 野村HDとサービス開始

LINE証券の記者発表会で登壇したLINEフィナンシャルの斉藤哲彦社長(左端)ら=東京都港区で2019年8月20日、宮崎稔樹撮影

 無料通話・メッセージアプリのLINEの子会社と野村ホールディングス(HD)が共同で設立した「LINE証券」が20日、スマートフォンを使った投資サービスを始めた。証券業界はITなど他業種の参入が相次いでおり、それぞれの分野で顧客を囲い込もうとしている。既存の証券会社も近年の投資離れに歯止めをかけようと懸命で、さらに競争が激化しそうだ。【宮崎稔樹、松岡大地】

 「手の中で操作して、資産運用を身近なものにしたい」。LINE証券を設立したLINEフィナンシャルの斉藤哲彦社長は20日、東京都内で開いた記者会見で意欲を述べた。スマホのアプリで個別の株式を1株単位で取引できるサービス。初心者でも気軽に取引できるよう国内有名企業100社を選び、数百円から3000円程度で投資できるようにした。平日午後9時まで取引が可能だ。

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1345文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです