メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニマルクライシス

展示用イルカ、進む人工繁殖

国内で初めて人工授精で誕生したバンドウイルカの赤ちゃん(右)と母イルカ=鴨川シーワールド提供

 <くらしナビ・環境>

 水族館の人気者イルカ。捕獲時に使われた「追い込み漁」が海外の反捕鯨団体から「残虐だ」と指摘され、日本動物園水族館協会(JAZA)はこの漁での捕獲を禁止した。代わって近年、人工授精による繁殖が行われている。

 ●カマイルカは初

 真夏の太陽が照りつける今月上旬、鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)の屋外プールでカマイルカの赤ちゃんが元気よく泳いでいた。母イルカに寄り添いながら、頭を振ったり、つついたり。じゃれる姿に来館者は目を細める。

 人工授精による繁殖で5月に生まれ、出産時に13キロほどだった体重はもう2倍以上。勝俣浩館長は「生後数カ月の死亡率が高く、気を使った。よくここまで育ってくれた」と感慨深げに話した。

この記事は有料記事です。

残り1672文字(全文1988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです