連載

性と感染症

性行為によってウイルスや細菌などに感染する「性感染症」。感染に気づかずに放っておくと、病気が進行して重大な合併症や不妊を引き起こしかねない。治療をしないと、パートナーにうつし、うつされることも。そこで、「性と感染症」を巡る最新事情を紹介する。

連載一覧

性と感染症

/4止 心と体、10代の予防教育

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
渡會教授(右)の授業では大学生も同行し、自身の思春期の経験を話す=東京電機大中学校で
渡會教授(右)の授業では大学生も同行し、自身の思春期の経験を話す=東京電機大中学校で

 <くらしナビ 医療・健康>

 性感染症の予防に大切なのは、性への関心が高まる小中高校生への教育だ。人の心と体の発達を正しく認識し、性感染症や人工妊娠中絶について学ぶことが自分自身と相手を守る意識へとつながっていく。「性と感染症」の最終回は、性感染症予防のために性の教育を実践してきた、大学教員の取り組みを紹介する。

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1423文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集