メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

世界選手権 大堀、2回戦敗退 女子単

 バドミントンの世界選手権第2日は20日、スイスのバーゼルで各種目の1、2回戦が行われた。女子シングルス2回戦で、世界ランキング24位の大堀彩(トナミ運輸)が同7位で前回大会銅メダルの何氷嬌(中国)にフルゲームの末に敗れた。

 混合ダブルス1回戦では、同30位の金子祐樹、松友美佐紀組(日本ユニシス)が同101位のヨルダンペアを2-0で降した。男子シングルス2回戦では、2連覇を狙う桃田賢斗(NTT東日本)が同87位のスペイン選手に快勝し、同12位の西本拳太(トナミ運輸)も同28位の台湾選手とのフルゲームを制して、ともに3回戦に進んだ。男子ダブルス1回戦は、同21位の井上拓斗、金子祐樹組(日本ユニシス)がインドペアにストレート勝ちした。混合ダブルスの2回戦は、同3位の渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)がインドネシアペアに2-1で競り勝った…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 池袋暴走書類送検 遺族の松永さん「やっとスタートラインに」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです