プロ野球

巨人2-1中日 巨人、足も強い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 巨人が序盤のリードを守って5連勝。一回、丸の適時打と、重盗で2点を先取。メルセデスは六回途中まで1失点でしのぎ、8勝目。中日は拙攻が響き3連敗。一回にビシエドの犠飛で挙げた1点のみで、好投の大野雄を援護できなかった。

重盗成功5連勝

 巨人の強みは、決してパワフルな打線だけではない。光ったのは一回の足を絡めた攻撃だ。

 1点を先取し、なお2死一、三塁の場面で打席には大城。カウント1-1からの3球目、一塁走者・岡本が二盗を試みた。中日の捕手・加藤は迷わず二塁へと送球した。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文680文字)

あわせて読みたい

注目の特集