メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツクライミング

東京五輪、初採用競技 開拓者・野口、代表第1号

女子複合決勝のボルダリングで第1課題を完登する野口啓代=東京・エスフォルタアリーナ八王子で2019年8月20日、宮間俊樹撮影

 スポーツクライミングの世界選手権は20日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で、女子複合の決勝が行われ、野口啓代(あきよ)(30)=TEAM au=が日本選手トップの2位に入り、来年の東京五輪代表に内定した。東京五輪で採用された新競技で、代表第1号となった。「夢みたいで信じられない」と笑みがこぼれた。

 165センチ、52キロの細身の体に隆々とした筋肉が浮き上がる。登る速さを争う「スピード」、ホールド(突起物)を頼りに登り切った課題の数を競う「ボルダリング」、登った高さを勝負する「リード」で、野口は総合力を発揮。「全ての種目で積み上げてきた、努力した、自信があった」。日本山岳・スポーツクライミング協会の代表選考基準(7位以内で日本勢最上位)を満たした。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです