特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

スポーツクライミング

東京五輪、初採用競技 開拓者・野口、代表第1号

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
女子複合決勝のボルダリングで第1課題を完登する野口啓代=東京・エスフォルタアリーナ八王子で2019年8月20日、宮間俊樹撮影
女子複合決勝のボルダリングで第1課題を完登する野口啓代=東京・エスフォルタアリーナ八王子で2019年8月20日、宮間俊樹撮影

 スポーツクライミングの世界選手権は20日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で、女子複合の決勝が行われ、野口啓代(あきよ)(30)=TEAM au=が日本選手トップの2位に入り、来年の東京五輪代表に内定した。東京五輪で採用された新競技で、代表第1号となった。「夢みたいで信じられない」と笑みがこぼれた。

 165センチ、52キロの細身の体に隆々とした筋肉が浮き上がる。登る速さを争う「スピード」、ホールド(突起物)を頼りに登り切った課題の数を競う「ボルダリング」、登った高さを勝負する「リード」で、野口は総合力を発揮。「全ての種目で積み上げてきた、努力した、自信があった」。日本山岳・スポーツクライミング協会の代表選考基準(7位以内で日本勢最上位)を満たした。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文854文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集