特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第101回全国高校野球

2人の主将やりきった 明石商・重宮選手/中京学院大中京・藤田選手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
六回裏に二塁打を放った明石商の重宮涼主将=阪神甲子園球場で2019年8月20日、玉城達郎撮影
六回裏に二塁打を放った明石商の重宮涼主将=阪神甲子園球場で2019年8月20日、玉城達郎撮影

 夏の甲子園は20日、準決勝2試合が行われた。決勝進出を目前に敗れた明石商(兵庫)と中京学院大中京(岐阜)。両校の主将は、その重責を背負いながらチームをまとめ上げ、立派に戦い切った。【韓光勲、黒詰拓也、朝比奈由佳】

選抜後立て直す

 明石商の重宮涼主将(3年)は試合後、「今までついてきてくれてありがとう」と仲間への感謝を口にした。

 今春の「センバツ4強」後、チームの雰囲気ががらりと変わった。注目されて浮かれたようになり、全力疾走をおろそかにする姿も見られた。春季兵庫県大会は3回戦敗退。「自分の責任だ」と思った。

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文997文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る