メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ONE・TEAM

ラグビーW杯 開幕まで1カ月/1 NZ×フィジー×日本、リーチ主将 多様ルーツ強み

 潮の香りが漂う夕暮れのスタジアムは、蒸し暑さを感じさせた。南太平洋の島国、フィジーの首都スバで10日に開かれたラグビーの国際大会「パシフィック・ネーションズカップ」の米国戦。日本代表主将のリーチ・マイケル(30)=東芝=は試合前に君が代が流れる中、さまざまな国で生まれた選手たちと肩を組み、眼光に鋭さを宿した。ラグビーは代表資格に国籍を条件とせず、日本の先発メンバー15人のうち8人は海外出身が占めた。リーチは多様性のある日本の象徴だ。

 スタンドでニュージーランド(NZ)出身の父コリンさん(62)、フィジー出身の母イバさん(59)や親…

この記事は有料記事です。

残り1438文字(全文1707文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです