「岸田さん、もう一苦労を」古賀誠氏、ポスト安倍巡りBS番組で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
古賀誠氏=福岡市博多区で2019年8月2日、徳野仁子撮影
古賀誠氏=福岡市博多区で2019年8月2日、徳野仁子撮影

 自民党岸田派名誉会長の古賀誠元幹事長は20日夜のBSフジの番組で、「ポスト安倍」候補の一人である岸田文雄政調会長について「ポスト安倍であることは間違いないが、修羅場や政治センスという意味ではあと一苦労、ふた苦労してもいいんじゃないか。余力のある年齢だ」と述べ、必ずしも次期首相にこだわる必要はないとの認識を示した。

 古賀氏は、「禅譲」に期待して安倍晋三首相と良好な関係を保つ岸田氏について「いくら安倍さんが禅譲して(次期首相は)岸田さんだと言っても、『ツクシの坊や』でポキッと折れたら何もない」とも述べた。岸田氏を突き放したともとれる発言で、波紋を広げそうだ。岸田派などの派閥会合のあり方に関しても「例会の議論が死んでいる。型通りの日程報告だけでなく意見を戦わせて、会長は言うべきことは言うべきだ」と苦言を呈した。

この記事は有料記事です。

残り72文字(全文430文字)

あわせて読みたい

注目の特集