メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱重工 長崎造船所内に航空機エンジン部品新工場

三菱重工業長崎造船所=酒井雅浩撮影

 三菱重工業は、長崎市の長崎造船所内に、航空機のエンジン部品を製造する新工場を建設すると発表した。グループ会社・三菱重工航空エンジン(愛知県小牧市)の長崎工場として開設し、来年中の生産開始をめざす。

 航空エンジンの工場は愛知県の1カ所のみで、同県外に生産拠点を設けるのは今回が初めて。航空機産業の集積を目指す長崎県が新工場の誘致活動をしていた。

 新工場はエンジンの重要な部分である「燃焼器」を製造し、月産で最大100台超の製造を計画している。素材加工から組み立てまで一貫してスムーズに実施できるように、人工知能(AI)などの先端技術を積極的に導入する。

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです