メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かんぽ生命問題で経営陣へ批判の声上がる JP労組大会、熊本で始まる

 日本郵政グループ労働組合(JP労組、組合員約24万人)の定例の全国大会が21日、熊本市で始まった。22日まで。大会では、かんぽ生命保険の商品の不正販売を巡り、販売現場に過剰なノルマを押しつけてきた経営陣への批判の声が上がった。

 JP労組の増田光儀委員長は、不正販売問題について「事業の存続に関わる極めて重大な事態だ」と指摘。要因として、ノルマなど日本郵便の営業管理や、情報が経営トップに伝わらず共有されにくい組織運営など…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  3. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  4. 沖澤のどかさん、ブザンソン指揮者コン優勝 小澤征爾さんや佐渡裕さん輩出

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです