メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7月の訪日韓国人7.6%減 背景に日韓関係悪化 訪日客全体は5.6%増、単月で過去最高

訪日外国人旅行客数と韓国からの旅行客数

[PR]

 観光庁は21日、7月に日本を訪れた韓国人が推計で前年同月比7.6%減の56万1700人だったと発表した。日韓関係の悪化などが背景にあり、今後更に減少に拍車がかかる可能性がある。訪日客全体では5.6%増の299万1200人と、単月としては過去最高だった。

 国・地域別では中国に次いで2番目に多い韓国からの訪日客は今年に入って低迷しており、1~7月は前年同期比4.3%減の442万4400人。7カ月のうち五つの月で前年を下回っている。韓国経済の停滞に加え、関係が改善に向かっている中国など日本以外への渡航者が増えている。さらに、日本政府が7月初めに半導体材料の対韓輸出管理を強化したことに韓国が強く反発。観光庁は日韓関係の悪化により、訪日旅行を控える動きが発生しているとみている。

 現在も韓国人による訪日旅行のキャンセルや、韓国の航空会社による日韓路線の運航休止などの動きが相次いでおり、8月以降は更に減少幅が拡大する可能性がある。観光庁の田端浩長官は21日の記者会見で「日韓間にはさまざまな問題があるが、観光交流を通じた両国民間の相互理解を進めることが重要だ」と述べた。

 一方、7月の訪日客全体では、中国からが19.5%増の105万500人と大幅に増加するなど、単月で過去最高を記録。1~7月も前年同期比4.8%増の1962万4800人と、過去最高ペースを維持している。中国は、政府が1月に実施した査証(ビザ)の要件緩和や航空路線の充実で個人旅行が増えた。

 一方、7月の香港からの訪日客は4.4%減の21万6800人。刑事事件の容疑者を中国本土の司法機関に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案への反対デモの影響もあり、海外旅行を控える傾向にあるという。【石田宗久】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです