メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本郵便 二重払い解消、応じず アフラック要請に がん保険で不適切10万件

郵便局でのアフラック保険乗り換え契約

 日本郵便でまた、顧客に不利益となる保険の販売が発覚した。日本郵便が販売したアフラック生命保険のがん保険で二重払いや一時的な無保険が2018年5月からの1年間で約10万4000件に上ることが判明。日本郵便はアフラック側から二重払いを解消するシステムの導入を促されても対応しておらず、かんぽ生命保険の不正販売に続いてずさんな経営体質が改めて浮き彫りになった。

 アフラックは08年から一部の郵便局でがん保険の販売を開始。13年に日本郵政と業務提携を結び、全国約…

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1393文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです