メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ローソンが軽減税率対策 値札、レシートに「軽」の字 店内飲食は客の自主申告

ローソンは、軽減税率対象商品の値札に「軽」の字を表示する=東京都江東区で2019年8月21日午後3時6分、本橋敦子撮影

[PR]

 ローソンは21日、10月の消費税増税時に導入される軽減税率に対応した値札やレシートの表示案を公表した。菓子や飲料などの軽減税率の対象商品には値札、レシートともに「軽」の字を記載。税率10%となる店内飲食については、利用客は申し出るよう促す注意書きをレジ付近に掲示する。9月上旬に各店舗に対応マニュアルを配布し、制度開始に備える。

 増税に合わせて始まるキャッシュレス決済のポイント還元では、セブン―イレブン・ジャパン、ファミリーマートとともに、購入額から還元対象である増税分の2%を支払時にその場で差し引く方式を採用する。レシートには、還元額を記載して、いくら「値引き」されているかを分かりやすく示す。

 店内飲食スペースの利用を巡っては、レジで申し出ずに購入した商品を店内で飲食するケースも想定されるが、ローソンは「あくまで申告に応じ10%を適用する」(広報)として、差額の支払いは原則求めない方針。逆に、店内飲食用に購入した商品を持ち帰りに変更したいと客が求めた場合は、レジを打ち直して差額を返金するという。

 増税後は軽減税率が適用されるテークアウトの総菜の需要が高まると見込んでおり、9月初旬から総菜などの新商品を順次発売する。【本橋敦子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです