メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本郵便「システム導入遅れ、真摯に反省」 アフラックがん保険契約で不適切契約

日本郵便のロゴマーク=曽根田和久撮影

[PR]

 日本郵便がアフラック生命保険から委託を受けて販売しているがん保険について、保険料の二重払いや一時的に無保険となる契約が2018年5月~19年5月に約10万4000件あったことが21日、明らかになった。アフラックの保険の仕組みに日本郵便のシステム対応が遅れていたことが原因。日本郵便は10月にシステムを改善する方針。

 アフラックのがん保険は、がん患者が病状を隠して加入するのを防ぐため加入から保険の効力が発生するまで3カ月かかる仕組みになっている。保険の乗り換え時に無保険の状態を避けるにはそれまでの保険契約を継続し、新旧契約の保険料を3カ月間にわたって二重に支払う必要があった。

 アフラックは14年、二重払いになった場合は旧契約分の保険料を返金する制度を設け、代理店に適用。日本郵便にも導入を繰り返し打診したが、「システム導入にかかわる対応が煩雑」「既存契約の切り替えは少数で、新規契約を結ぶケースが多い」といった理由で先延ばしになったという。

 両社によると、3カ月の間無保険の状態となった契約が約4万件▽3~5カ月間、保険料を二重払いした契約が約3万3000件▽新保険に乗り換えて1~2カ月後に旧契約を解約した結果、二重払いと無保険が両方発生した契約が約3万件――だった。

 日本郵便によると、18年4月にアフラックの新商品が発売されたのを機に、旧契約の解約と新商品への乗り換えニーズがあることを認識。アフラックの仕組みに合わせたシステムを19年10月から導入することにした。日本郵便広報室は「顧客には二重払いなどが生じることを説明していたが、システムの導入が遅れたことに関しては真摯(しんし)に反省せざるを得ない」としている。

 日本郵便ではかんぽ生命保険の販売で不正が疑われるケースが約18万3000件発覚。現在、かんぽ生命のほか、日本生命保険などの保険商品は販売を自粛しているが、アフラックのがん保険については同社の強い意向を受けて継続する方針を示している。【後藤豪】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです