メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

北京郊外・古北水鎮のホテルで会談に臨む河野太郎外相(左)と韓国の康京和外相=2019年8月21日午後1時59分、秋山信一撮影

[PR]

 河野太郎外相は21日、北京郊外・古北水鎮で行った日韓外相会談で、元徴用工訴訟問題に関し「問題が解決できるよう、外相同士を含め、外交当局間で意思疎通を続けていくことで一致した」と明らかにした。会談後、記者団に述べた。

     河野氏は会談で、韓国側に元徴用工訴訟問題への対応を改めて要請。互いの立場を明確にし、この問題が最大の懸案という認識を共有したという。「中身は対外的に申し上げるべきではない」としつつ、「しっかりと前進させたい」と語った。

     また、会談では、更新期限が24日に迫った日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)も議題になり、河野氏は「しっかりと維持していくべきものだ」と述べた。【北京・秋山信一】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

    2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

    3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

    4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

    5. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです