メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「表現の不自由」考

「公金使うなら行政に従え」は妥当なのか 憲法学者・曽我部真裕氏に聞く

西日の差す街頭に立つ京大の曽我部真裕教授=東京都千代田区で2019年8月8日、小川昌宏撮影

 「国の補助金を使うんだから国の方針に従うべきだ」「政治家が展示を批判するのも表現の自由」――。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止となった問題では、こうした理屈で、展示中止を肯定する意見が相次いだ。表現の自由は、憲法21条に規定された基本的人権だが、これらの意見は憲法に照らして適切なのか。曽我部真裕・京都大教授(憲法学)は「明確にノーだ。公職にある政治家が誤った解釈を流布し、抗議殺到を助長した」と指摘する。【聞き手・中川聡子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2722文字(全文2974文字)

中川聡子

2006年入社。東京・社会部、旧生活報道部、統合デジタル取材センターを経て、くらし医療部で労働・子育て分野などを担当。性差別を追った連載「ガラスの天井」取材班として2016年貧困ジャーナリズム賞。2019年にも児童扶養手当の資格確認を巡るスクープ報道で同賞を受けた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです