メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大外刈り訴訟 技の危険性認めるも賠償請求は退ける 福岡地裁

生前のまま自宅に残されている彩さんの勉強机。本人の写真の他、中学校から死後に贈られた卒業証書も飾られていた=福岡市博多区の自宅で2019年1月17日正午、平川昌範撮影

 柔道の部活動中に大外刈りで投げられ、死亡した中学1年の女子生徒(当時13歳)の父親が、過去に重大な事故も起きている大外刈りを小中学生には禁止すべきだったとして、全日本柔道連盟(全柔連)に3000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、福岡地裁であった。徳地淳(とくち・あつし)裁判長は大外刈りの危険性を認めつつ「初心者への指導の徹底などで重大事故の抑止は可能。一律に禁止すべきだとはいえない」として請求を棄却した。

 訴えていたのは福岡市博多区の大場重之さん(53)。判決によると、娘の彩(あや)さんは2015年4月…

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1525文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 「消費増税ストップ!」 導入反対デモに600人 野党増税反対で一致

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです