メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ハイパーカミオカンデ」建設へ 文科省が概算要求へ 岐阜・飛驒

文部科学省=東京都千代田区で

 文部科学省は、物体をすり抜けて飛び交う素粒子ニュートリノを検出する次世代観測施設「ハイパーカミオカンデ」を岐阜県飛驒市に建設するため、来年度予算の概算要求に地盤調査費や開発費として計十数億円を盛り込む方針を固めた。計2度のノーベル物理学賞受賞につながった「カミオカンデ」「スーパーカミオカンデ」の後継施設で、2027年の完成を目指す。

 ハイパーカミオカンデは飛驒市神岡町の山中にあるスーパーカミオカンデの近くの地下に建設される。直径74メートル、高さ60メートルの円筒形で内部に約4万本の超高感度の光検出器を備える。最大26万トンの純水を満たし、飛来したニュートリノが水と衝突した際に出るわずかな光を捉える仕組み。水量はスーパーカミオカンデの約5倍で、検出能力は約10倍に上がると期待される。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです