メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネットのデマ信じ「上申書」で出頭拒否 速度超過容疑で男逮捕

持ち運びができる速度違反取り締まり装置=埼玉県警提供

[PR]

 埼玉県蓮田市の県道で指定速度を38キロ超過して運転したとして、県警は21日、同県上尾市の会社員の男(34)を道路交通法違反(速度超過)容疑で逮捕した。県警は持ち運びできる可搬式の速度違反取り締まり装置を現場に設置し、速度超過を把握。再三出頭を求めたが、男はインターネット上で流通している「(同装置の)取り締まりを逃れることができる文書」を県警に郵送して出頭を拒否したため、逮捕に踏み切ったという。

 3年前に全国に先駆けて可搬式装置を導入した県警によると、同装置で逮捕につながったのは全国初という。

 逮捕容疑は4月5日午前1時15分ごろ、蓮田市黒浜の指定速度40キロの県道で、78キロの速度で普通車を運転したとしている。県警は4~7月、電話や郵送で男に出頭を要請したが、男は「(当時は)第三者に車を貸していた。名前は明かせない。警察の要請には協力できない」という趣旨の上申書を県警に郵送した。県警が出頭要請しても「書面の通りです」と拒み続けた。

 男は容疑を認め「ネットで見つけた文書を警察に送れば捕まらないと思った」と供述しているという。県警の担当者は「こうした書類で取り締まりを逃れることはできない」と話している。

 現場の県道では事故が多発しており、県警は可搬式装置で取り締まりをしていた。【中川友希】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  5. 原田前環境相 処理水海洋放出再び主張 政府小委を批判 AbemaTVで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです