メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪観光大法人で3億円未払い 高校校舎の解体費や新校舎の設計費

明浄学院高校で校舎解体工事が中断している現場を視察する大阪市職員=大阪市阿倍野区で2019年8月19日午後2時20分、加藤栄撮影

 大阪観光大などを経営する学校法人「明浄学院」(大阪府熊取町)が別に運営する高校を巡り、校舎の解体工事費や新校舎の設計費のうち3億円以上が未払いになっている。同法人では、高校の土地売却の手付金21億円が所在不明になる問題が浮上し、経営状態が悪化している。解体工事が中断された現場にはがれきが残ったままで、新学期を前に保護者からも不安の声が上がっている。

 法人は、運営する明浄学院高校(大阪市阿倍野区)の土地の半分ほどを売却し、その資金で老朽化した校舎の…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1103文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです