JR東「仙台駅の車内清掃で線路側ドアを手動に切り替えたままに」 東北新幹線ドア全開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トラブルのあった東北新幹線「はやぶさ46号」と同じE5系のドアコック(中央のレバー)。通常はカバーが閉じられている=JR東日本提供
トラブルのあった東北新幹線「はやぶさ46号」と同じE5系のドアコック(中央のレバー)。通常はカバーが閉じられている=JR東日本提供

 21日午前10時17分ごろ、東北新幹線の仙台発東京行き「はやぶさ46号」(10両編成、乗客約340人)が宮城県内の仙台―白石蔵王駅間を時速約280キロで走行中、9号車の右側ドアが全開状態になった。JR東日本によると、仙台駅では折り返し運転前の車内清掃の際、乗客の降車と入れ替わる形で複数の清掃作業員が二つの車両のドアから乗り込み、自動でドアが閉められる。作業が終わると、作業員は乗り込んだドアを、非常用としてドアごとに設置されている「ドアコック」で手動に切り替え、ドアを開け…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

あわせて読みたい

注目の特集