メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国配車アプリ 沖縄でも開始 大手DiDi タクシーで AIも活用 /沖縄

タクシー配車アプリ「DiDi」の県内でのサービス開始をPRする関係者ら=20日、豊見城市の沖縄空手会館

[PR]

 中国大手の配車アプリ「DiDi」が20日から沖縄県内でタクシー配車のサービス提供を開始した。県内のタクシー20事業者と提携しており、スマートフォンでタクシーの配車や決済などが可能になる。那覇市や沖縄市、名護市など本島内のほか、宮古島市や石垣市でも利用できる。DiDiのサービス提供は国内10カ所目で、国内外から訪れる観光客のほか、県民の利便性向上を目指す。

     DiDiは中国の配車最大手、滴滴出行(ディディチューシン)が運営しており、世界1千都市以上に展開する。国内ではソフトバンクと滴滴出行の共同出資会社DiDiモビリティジャパン(東京都)がサービスを提供する。

     利用者はDiDiのアプリから乗車地点と目的地、支払い方法を選択することでタクシーの配車を依頼できる。タクシーには専用のタブレット端末が搭載されており、利用者の近距離にいる車両に配車の要請が入る。乗車運賃の支払いは現金のほか、クレジットカードやスマートフォンの決済にも対応している。人工知能(AI)を活用しており、タクシーが不足するエリアにドライバーを誘導することなども可能という。

     DiDiモビリティジャパンの菅野圭吾副社長は「外国人でも手軽に利用できるサービスだ。観光客やビジネス客のほか、若い世代や女性など多くの利用者を取り込みたい」と決意を述べた。

     サービス提供に合わせて、アプリに初めて登録して県内で利用した場合に3千円分のクーポンを提供するほか、沖縄エリアで午後8時から午前1時までの初乗り料金(550円)が無料になるキャンペーンを実施する。アプリ決済をした場合が対象になる。

    (琉球新報)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

    2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

    3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

    4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

    5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです