メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレエ

清里フィールドバレエ 野外で30年、夏の風物詩に=評・斉藤希史子

ダンサー総出演のフィナーレ=写真家・小林雅之撮影

 夏の星空の下、八ケ岳のふもとで開かれる「清里フィールドバレエ」が30周年を迎えた。主催は、東京都内でバレエ・シャンブルウエストを率いる今村博明と川口ゆり子。かつてフランスの屋外劇場に招かれ感銘を受けた2人が、山梨・清里高原のリゾート施設「萌木の村」と縁を結び、国内唯一の野外定期公演を根付かせた。敷地内の広場に特設舞台を組み立てるのは、地元の建設業者ら。約半月の本番に対し、設営には3倍の期間を費やしているという。

 今夏は全幕物2本の交互上演に加え、30周年記念のガラコンサートも3日にわたって開催。在京5団からゲストが出演し、華を競った。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです