メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩の橋を渡って

書いてはやり直すように=和合亮一(詩人)

和合亮一 詩人

8月

へのへのもへじ

ひとりぼっちで さみしいから

もひとつ

へのへのもへじ

 一篇を作り出すのには時間と労力を要する。それらが集まって書物となる時に、ふと数年が経(た)ってしまっている。この夏にもたくさんの詩集が届き、詩人たちのそれぞれの歳月の重みが一冊へと凝縮されていることをあらためて感じながら、言葉に帯びている熱をずっと受けていた。詩作の年月を書籍へと変えることができた時に、例えるなら長い日記を書きあげたかのような喜びに心が満たされていくのを、私なりに幾度も思い起こしながら。

 机の上の数多(あまた)の最新詩集の中でも、とりわけ長いタイトル。相沢正一郎『パウル・クレーの<忘れ…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1294文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです