メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩の橋を渡って

書いてはやり直すように=和合亮一(詩人)

和合亮一 詩人

8月

へのへのもへじ

ひとりぼっちで さみしいから

もひとつ

へのへのもへじ

 一篇を作り出すのには時間と労力を要する。それらが集まって書物となる時に、ふと数年が経(た)ってしまっている。この夏にもたくさんの詩集が届き、詩人たちのそれぞれの歳月の重みが一冊へと凝縮されていることをあらためて感じながら、言葉に帯びている熱をずっと受けていた。詩作の年月を書籍へと変えることができた時に、例えるなら長い日記を書きあげたかのような喜びに心が満たされていくのを、私なりに幾度も思い起こしながら。

 机の上の数多(あまた)の最新詩集の中でも、とりわけ長いタイトル。相沢正一郎『パウル・クレーの<忘れ…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1294文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです