メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

書道発表会つくしの集い 古筆突き詰め創作へ

 第14回書道発表会つくしの集い(25日まで、東京・銀座の鳩居堂画廊3階)は学書の方法論の模索が記憶に残る。第71回毎日書道展で会員賞に輝いた中嶋玉華さんが代表を務める中嶋玉華書迹研究会が初めて銀座での書展に踏み切った。中嶋さん「伊勢物語」=写真[1]=のほか、出品者が書と取り組んだ跡が興味深い。「万葉集」「徒然草」から歌舞伎狂言の音楽台本、日本国憲法まで多彩。配布されている小冊子にもそれぞれが古筆とどのように向かい合ったのかが記録された。

 「空間を変え学書の成果を問うてみたい、と思ったのです。臨書→倣書→創作という過程をもっと突き詰めた…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです