メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東電旧経営陣3被告に無罪 福島第1原発事故
書の世界

書道発表会つくしの集い 古筆突き詰め創作へ

 第14回書道発表会つくしの集い(25日まで、東京・銀座の鳩居堂画廊3階)は学書の方法論の模索が記憶に残る。第71回毎日書道展で会員賞に輝いた中嶋玉華さんが代表を務める中嶋玉華書迹研究会が初めて銀座での書展に踏み切った。中嶋さん「伊勢物語」=写真[1]=のほか、出品者が書と取り組んだ跡が興味深い。「万葉集」「徒然草」から歌舞伎狂言の音楽台本、日本国憲法まで多彩。配布されている小冊子にもそれぞれが古筆とどのように向かい合ったのかが記録された。

 「空間を変え学書の成果を問うてみたい、と思ったのです。臨書→倣書→創作という過程をもっと突き詰めた…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文817文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 埼玉・小4男児の死因は頸部圧迫の窒息 遺体発見現場の前は空き部屋

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです