メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

ナンディタ・ダース監督 表現の自由求めあらがう ウルドゥー語作家描く映画「マントー」

自作について語るナンディタ・ダース監督=棚部秀行撮影

 現代インド・パキスタン文学を代表するウルドゥー語作家、マントー(1912~55年)の生涯を描いた映画「マントー」(2018年、日本未公開)の上映会が、東京と大阪で開かれた。監督のナンディタ・ダースさん(51)が来日し、上映に合わせたトークイベントなどに参加した。

 作家マントーは社会の底辺に暮らす人々を描き、宗教や表現の自由の問題に挑んだ。ナンディタさんは「今、インドは自由にモノを言える環境にはないと感じています。マントーの映画を通じて、人々にこのことを問いかけたいと思いました」と述べた。そして「彼はいろんなことに抵抗してきた作家。今の私の考えや人生に合っているように思っています」と自分の活動をダブらせた。

 映画製作にあたっては、間接的ではあったものの、さまざまな圧力を、さまざまな場所から受けたという。だ…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文1068文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです