メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

ナンディタ・ダース監督 表現の自由求めあらがう ウルドゥー語作家描く映画「マントー」

自作について語るナンディタ・ダース監督=棚部秀行撮影

 現代インド・パキスタン文学を代表するウルドゥー語作家、マントー(1912~55年)の生涯を描いた映画「マントー」(2018年、日本未公開)の上映会が、東京と大阪で開かれた。監督のナンディタ・ダースさん(51)が来日し、上映に合わせたトークイベントなどに参加した。

 作家マントーは社会の底辺に暮らす人々を描き、宗教や表現の自由の問題に挑んだ。ナンディタさんは「今、インドは自由にモノを言える環境にはないと感じています。マントーの映画を通じて、人々にこのことを問いかけたいと思いました」と述べた。そして「彼はいろんなことに抵抗してきた作家。今の私の考えや人生に合っているように思っています」と自分の活動をダブらせた。

 映画製作にあたっては、間接的ではあったものの、さまざまな圧力を、さまざまな場所から受けたという。だが、「表現の自由を問題にしようと作った映画です。そんなことでやめるのはおかしいので続けました」。

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文1068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです