メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検体取り違え

北九州の病院、がん「陰性」と 女性死亡、遺族提訴

 九州労災病院(北九州市)が、2014年に子宮頸(けい)がんが疑われた大分県の50代女性のがん検査をした際、女性の検体と別の人の陰性の検体を取り違えていたことが明らかになった。女性は別の病院で陽性と診断され、17年に死亡。遺族は取り違えでがん発見が遅れたとして損害賠償を求め、福岡地裁小倉支部に提訴した。病院側は死亡との因果関係はないとして争う姿勢を示している。

 訴状によると、女性は14年1月に九州労災病院で悪性細胞の有無を調べる細胞診検査を受けた。その後、病…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです