メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

初役3人、息を合わせて 関西で26年ぶり「通し狂言 東海道四谷怪談」

「通し狂言 東海道四谷怪談」で共演する(左から)市川中車、片岡愛之助、中村七之助=猪飼健史撮影

 歌舞伎の怪談物の代表作「通し狂言 東海道四谷怪談」が9月2日から、京都・南座で上演される。関西の本興行では26年ぶりの上演。二枚目だが性根は悪の民谷(たみや)伊右衛門に片岡愛之助、無残な死をとげる女房お岩に中村七之助、お岩の妹お袖に横恋慕する薬売りの直助権兵衛に市川中車。人気の3俳優が全員初役で挑み、過去にお岩を演じた坂東玉三郎が監修を担当する。

 四世鶴屋南北の作で、1825(文政8)年、江戸中村座で初演。初演時は「仮名手本忠臣蔵」と交互に組み…

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1150文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです