メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八月南座超歌舞伎

中村獅童、初音ミク共演 自由に味わう最先端

「今昔饗宴千本桜」で宙乗りを披露する初音ミクと中村獅童=(C)NTT・松竹P/(C)超歌舞伎

 歌舞伎俳優とバーチャルアイドルの初音ミクが共演する「八月南座超歌舞伎」が京都・南座で上演中。観客参加型の舞台を中村獅童が力いっぱいにリードし、客席を熱気で満たしている。

 2016年から毎年短期に行われてきた公演だが、今回初めて劇場での1カ月興行となった。まず、中村蝶紫、沢村国矢が「超歌舞伎のみかた」として、NTTの情報通信技術を使った演出を解説。続く「當世流(いまよう)歌舞伎踊」では、スクリーン中のミクが出雲のお国、生身の獅童が名古屋山三になり、歌舞伎踊りを…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです