メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ホストタウンに能代市 ヨルダン正式要請 /秋田

ホストタウン受け入れを正式要請するヨルダンのリーナ・アンナーブ駐日大使(左)=秋田県能代市で

 能代市が2020年の東京五輪・パラリンピックで、ヨルダン選手団のホストタウンとなることが決まった。21日に同市を訪れたリーナ・アンナーブ駐日大使が正式要請し、斉藤滋宣市長は「大変光栄」と快諾した。今後、事前合宿や事後交流などの調整を進める。

 ヨルダンは16年のリオデジャネイロ五輪でテコンドー男子の選手が金メダルを獲得。アンナーブ大使によると、バスケットボー…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

  3. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  4. ORICON NEWS キャンディーズの伝説のコンサートがデジタルリマスターで蘇る 

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです