映画

「青の帰り道」手作りのロケ地マップ あのシーン、あの場所へ 群馬出身の2女性「感動をともに」 /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
映画「青の帰り道」に関する年表(右)と飲食店マップを作った石川美香さん=前橋シネマハウスで
映画「青の帰り道」に関する年表(右)と飲食店マップを作った石川美香さん=前橋シネマハウスで

前橋の商店街、上毛電鉄大胡駅…

 前橋と東京を舞台に若者7人の青春群像劇を描いた映画「青の帰り道」のファンの女性2人が、「ロケ地マップ」を作製し、前橋市内の映画館で展示・無料配布している。2人は共に群馬県出身。当初はこの映画に出演する人気俳優が目的だったが、実際、映画を見て、同郷の7人が地方と都会で夢と現実のギャップに苦しみ、もがきながらも前に進もうとする姿に共感して感動。「一人でも多くの人に見てもらいたい」との思いで取り組んだという。映画は23日まで前橋シネマハウスで上映中。【鈴木敦子】

 映画には女優でサッカー日本代表MF・柴崎岳さんの妻・真野恵里菜さんや人気俳優・横浜流星さんらが出演。2018年12月に公開された。高校生の男女がはしゃぐ宣伝ポスターは一見、甘酸っぱい恋模様を追った映画のようだが、実際には7人のうち1人が自ら命を絶つなど、人生について考えさせる内容だ。作品の原案者で県出身の元タレント、岡本麻里さんによると、「生きる道は一つじゃない」とのメッセージが込められている。

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文1114文字)

あわせて読みたい

注目の特集