メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19知事選

県政の課題/3 防災 避難所の「質」向上を 劣悪な環境、関連死招く /埼玉

企画展では避難所を体験できる展示もあった=埼玉県鴻巣市の県防災学習センターで6月7日午前10時54分、鷲頭彰子撮影

 1畳ほどのスペース。避難者が誰かを呼ぶ声や泣き声。汚物があふれたトイレ。不安で眠れない夜--。8年前の東日本大震災などの避難所を体験、想像してもらおうと、鴻巣市の県防災学習センターで5~7月、「避難所からの脱出」と題した企画展が開かれた。床に敷かれたブルーシートの上で寝心地を体験できるコーナーがあり、おむつ、空調、薬など現地で不足したものも紹介。見学者らは真剣に見入っていた。

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1298文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです