メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19知事選

県政の課題/3 防災 避難所の「質」向上を 劣悪な環境、関連死招く /埼玉

企画展では避難所を体験できる展示もあった=埼玉県鴻巣市の県防災学習センターで6月7日午前10時54分、鷲頭彰子撮影

 1畳ほどのスペース。避難者が誰かを呼ぶ声や泣き声。汚物があふれたトイレ。不安で眠れない夜--。8年前の東日本大震災などの避難所を体験、想像してもらおうと、鴻巣市の県防災学習センターで5~7月、「避難所からの脱出」と題した企画展が開かれた。床に敷かれたブルーシートの上で寝心地を体験できるコーナーがあり、おむつ、空調、薬など現地で不足したものも紹介。見学者らは真剣に見入っていた。

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1298文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです