メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸・夏の自由研究

/8 敦賀 地引き網漁 はねる魚、上がる歓声

なかなか先端部が現れず、「網、大きいね」などと話しながら地引き網を楽しむ人たち=福井県敦賀市で、高橋一隆撮影

 夏の海の思い出と言えば、子どもの頃、臨海学校で地引き網漁を体験した大人は多いだろう。残念ながら記者は未経験。敦賀市の松原海岸で地引き網漁が体験できると聞き、大漁を期待して参加した。

 同海岸は日本三大松原の一つの国名勝「気比の松原」のすぐ近く。江戸時代には地引き網漁の専業村落があったが、高度成長期の1955年ごろから護岸整備が進み、その影響で廃れたという。体験イベントは、同市の民宿経営兼漁業、刀根敏夫さん(73)が「伝統漁法に触れて、海と魚に親しんでもらいたい」と80年代から始めた。

 この日の参加者は家族連れを中心に十数人。外国人も多く、陽気な雰囲気で盛り上がる。浜から30メートル…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1147文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです